薬:日本国内生産のジェネリック医薬品を4品目追加。

ジェネリック医薬品とは・・・先発医薬品の独占的販売期間の終了後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則として同一とされており、先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。日本でなじみのあるお薬で安心、安全に医療費の削減に取り組むお手伝いをさせて頂きます。以下にご案内するお薬は、全て日本製の日医工によるジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品の価格は原則、先発医薬品の7割~2割程度(患者様のご負担が)の価格です。

医療費の削減・・・昨今、タイでの医療費削減に取り組まれる企業様が増え、これまでの海外旅行保険加入を解約し、会社負担とされる(日本国内の社会保険制度に申請して日本医療点数換算で3割の返戻を受ける)ケースが大変多くなりました。処方薬のジェネリック対応や、日本の健保への申請に関する書類などご相談ください。最適化されたサービスを提供することが出来ます。また、海外旅行保険に加入されていない個人の方、あるいは高血圧症や糖尿病のような慢性疾患で海外旅行保険の対象外の方へも同等の対応により、個人負担を最小限にした受診をご案内させて頂きますのでご安心ください。


以下は、弊院の薬局で新しく追加された日本製ジェネリック医薬品の情報。

2型糖尿病の薬
先発医薬品:アマリール錠
ジェネリック医薬品:グリメピリド錠3mg

高血圧、狭心症、頻脈性不整脈などを改善する薬
先発医薬品:メインテート錠
ジェネリック医薬品:ビソプロロール錠5mg

血液中のコレステロールを低下させる薬
先発医薬品:リバロ錠
ジェネリック医薬品:ピタバスタチン錠2mg

血圧を下げる薬
先発医薬品:カルスロット錠
ジェネリック医薬品:マニジピン錠10mg


以下は、申請中(販売調整中)の日本製ジェネリック医薬品の情報。2021年10月頃を予定

細菌の増殖を抑え結膜炎やものもらい使われる抗菌目薬
先発医薬品:クラビット点眼液
ジェネリック医薬品:レボフロキサシン点眼液0.5%

高血圧、狭心症、頻脈性不整脈などを改善する薬の規格違い
先発医薬品:メインテート錠
ジェネリック医薬品:ビソプロロール錠2.5mg

血圧を下げる薬の規格違い
先発医薬品:カルスロット錠
ジェネリック医薬品:マニジピン錠20mg