自民党熊本県支部連合会の県議会議員10名が、サクラクロスクリニック視察にご来院されました。

左から
1 末松 直洋 議員
2 河津 修司 議員
3 森 浩二 議員
4 内野 幸喜 議員
5 大原 武 桜十字 事務長
6 木川 道秋 桜十字 看護師
7 増永 慎一郎 議員
8 吉永 和世 議員
9 渕上 陽一 議員
10 早田 順一 議員
11 大平 雄一 議員

自民党熊本県支部連合会熊本県議会議員のみなさまが、熊本企業である桜十字の海外進出のご視察及び、人材確保における意見交換のためご来院されました。

担当事務長より、以下についてのブリーフィング及び意見交換会、施設の視察を実施。

・日本の予防医療によるアジア健康構想について
・タイ医療機関の現状
・タイのマーケティング
・現在の進捗状況、今後の課題

※ アジア健康構想とは:アジア各国にて高齢化社会が急速に進んでおり、高齢化に関する制度・産業で先行する日本が官民一体となって制度構築を支援する「日本政府のプロジェクト」で、アジア諸国で医療・介護を中心とした産業による対策で健康長寿社会の実現を目指しています。

参考:内閣官房資料5-1「アジア健康構想の推進について」