総合内科

急性の下痢

おなかの風邪、消化不良、食あたり、水あたり、抗生物質の服用、乳製品の摂取などが原因になります。

急性の下痢の場合、およそ数日で治るということを経験的にご存じではないでしょうか。下痢をすると、トイレの不安で仕事や外出がままならない状態が続きます。食べ過ぎ飲みすぎによる消化不良であれば、市販の下痢止めが役に立ちます。
しかし、ウイルス、細菌、寄生虫などによる食中毒の場合には、集団感染や長期にわたる酷い症状に苦しむことになります。初期に適切な処置を行うことで入院するほどの重症化を避けましょう。

原因:食べ過ぎ、アルコールの取りすぎによる消化不良
症状:下痢のみ
下痢以外の症状や、1日で治らないようでしたら他の原因が心配されます。

原因:ウイルス、細菌、寄生虫などによる食中毒
症状:下痢、発熱、吐き気、嘔吐、血便など
O-157、ノロウイルスといった細菌やウイルス、あるいはアメーバなどの寄生虫が、食べ物とともに口から入り、消化管で増殖して消化管を傷めたり毒素を発生させ続けます。自己治癒力での回復が不可能、あるいは大変非効率な状態です。日常生活に支障をきたし、周囲への感染力が強いため防止も必要です。検査で原因を特定し、適切な点滴や病院でしか処方できない薬などの治療で回復を手助けできます。速やかにご来院ください。

慢性的な下痢の場合は、ストレスが原因で起こる過敏性腸症候群や、潰瘍性大腸炎、クローン病などが疑われます。また、腸以外の内臓疾患で下痢が起こることもあるため注意が必要です。いずれも、原因を突き止めるためには詳しい検査が必要です。病院の受診をおすすめします。