小児科

小児ぜんそく

小児の気管支喘息は気管支の慢性炎症が本態であり、大部分がアレルギー性炎症であると考えられています。

小児気管支喘息の治療には、今起きている発作を止めるための治療である対症療法と、これから発作が起きるのを防ぐための予防療法があり、薬剤としては前者には発作治療薬(気管支拡張剤が主体)、後者には長期管理薬(抗炎症薬が主体)が用いられます。予防療法を長期に継続することにより、無治療無投薬の状態である寛解を目指します。